国民民主党代表選挙オンライン討論会。東京都連、茨城県連、宮崎県連を繋いで開催。

2020.12.14お知らせ

国民民主党代表選挙オンライン討論会。東京都連、茨城県連、宮崎県連を繋いで開催。候補者玉木雄一郎衆議と伊藤たかえ参議の政見から始まりました。
国民民主党の目指す方向性について、討論、質疑が多角的になされました。改めて、政治の中核を担う気概、基本理念”穏健保守からリベラルまでを包摂する国民が主役の改革中道政党”の姿勢に間違いないと確信しました。
○コロナ禍の下での感染拡大防止と経済対策
○人への投資。人づくり
○子どもは一丁目一番地。子育て支援と少子化対策は似て非なるもの。
○選択肢があること
○地方組織拡大に向けて ワンイシューから始まる政治参加、地に根を張った活動
○地方創生に向けて 地方空港・港湾のインフラができてきた今、地方都市がアジア海外とダイレクトに結ばれる。自然エネルギー、農業等、各領域を横断した創業が始まっている
○憲法改正に向けた姿勢 国家抑制に向けた規律密度を高め、規範性を高めるため。新しい人権の取り込み。硬直した議論を解放するもの。自民党の改定におもねる内容ではない。
○エネルギー原子力発電政策について 最終処分に向けた技術開発と議論できる専門家が減少している実態への危機感。精神面でも難しい中ガラス細工のようにまとめてきた三原則の徹底。40年運転ルール新増設はしない。地元合意・避難。

さとう由美
公式Facebookはこちら

facebook

#yumibetterworld

facebook